もとむら伸子WEBサイトはリニューアルに伴い移転しました。ブックマークなどされている方は変更をお願いします。
移転先:http://www.motomura-nobuko.jp/

国会議員秘書時代の実績紹介

ためされずみの即戦力 国会議員秘書6年

設楽ダムの天下りを明るみに

設楽ダム建設予定地

水余りで必要のない設楽ダムをなぜつくるのか−。調査の中で、受注企業から自民、公明、民主へ政治献金が渡り、県幹部職員が受注企業に天下っていたことが判明。記者会見で調査資料を発表して以降、それを参考にして、マスコミもたびたびこの問題をとりあげています。

また、話題の導水路の大もと、徳山ダムについての初めての国会質問も準備しました。

 

サービス残業代447億円を支払わせる

通達に基づくパンフも発行されました

長時間労働で苦しむ人の声に応えたいと、サービス残業根絶法案の作成にかかわり、厚労省にほとんど同じ内容の通達を出させました。その通達で、447億円のサービス残業代を大企業から労働者に支払わせました。

 

DV防止法成立 選択的夫婦別姓に奮闘中

真の男女平等をめざし、DV防止法の成立に尽力。
夫婦別姓を選択できる法案の初審議にも秘書として参加しました。

 

子どもの医療費無料化を法案化

子どもの医療費は無料にという声に応え、初めての乳幼児医療費無料化法案の作成にかかわりました。今では、子どもの医療費無料化が愛知でも全国でも広がっています。

▲ このページの先頭にもどる

メールマガジンのびのび便り
写真・リーフダウンロード
国会秘書時代の実績紹介
もとむらさんを推薦します
もとむら伸子ムービーチャンネル-ユーチューブ

携帯用二次元バーコード