もとむら伸子WEBサイトはリニューアルに伴い移転しました。ブックマークなどされている方は変更をお願いします。
移転先:http://www.motomura-nobuko.jp/

環境・平和

【14・08・09】父や祖母、父の弟が長崎で被爆した日−−−亡くなられた方々に心から哀悼の意を表します。

   父や祖母、父の弟が被爆した8月9日。

 今年で69年目となりました。

 この1年で新たに亡くなった長崎の被爆者の方々は、3355人。原爆死没者の方々は、あわせて16万5409人です。

 父の弟は、原爆の光を正面から受け、その年のうちに亡くなりました。

 亡くなられた方々に心から哀悼の意を表します。

 広島でも長崎でも、昨年とほぼ同じ、コピーのあいさつをした不誠実で、亡くなられた方々を冒涜する安倍首相を絶対に許すわけにはいきません。
 そして、戦争する国づくりをすすめ、被爆者の方々の思いを踏みにじる安倍政権を許すことはできません。

 長崎の被爆二世として、戦争をなくしたい、核兵器をなくしたいと人生をかけて、命をかけて訴え続けてこられた被爆者の方々の願いを引き継ぎ、亡くなられた方の分まで、その思いを実現するために全力を尽くします!!

胸をうった被爆者代表・城臺美彌子さんの「平和への誓い」

 8月9日、被爆69周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典、被爆者代表の城臺美彌子さんの「平和への誓い」は胸をうちました。

 同席していた安倍首相は、どのように城臺さんの願い、思いを聞いたのでしょうか。
 真剣に受けとめることを強く求めます。

 城臺美彌子さんの「平和への誓い」全文(原稿段階のもの)を紹介させていただきます。

「平和への誓い

 1945年6月半ばになると、一日に何度も警戒警報や空襲警報のサイレンが鳴り始め、当時6歳だった私は、防空頭巾がそばにないと安心して眠ることができなくなっていました。

 8月9日朝、ようやく目が覚めたころ、魔のサイレンが鳴りました。
「空襲警報よ!」「今日は山までいかんば!」緊迫した祖母の声で、立山町の防空壕へ行きました。爆心地から2.4キロ地点、金毘羅山中腹にある現在の長崎中学校校舎の真裏でした。しかし敵機は来ず、「空襲警報解除!」の声で多くの市民や子どもたちは「今のうちー」と防空壕を飛び出しました。
 
 そのころ、原爆搭載機B29が、長崎上空へ深く侵入して来たのです。
 私も、山の防空壕からちょうど家に戻った時でした。お隣のトミちゃんが「みやちゃーん、あそぼー」と外から呼びました。その瞬間空がキラッと光りました。その後、何が起こったのか、自分がどうなったのか、何も覚えていません。しばらく経って、私は家の床下から助け出されました。外から私を呼んでいたトミちゃんはそのとき怪我もしていなかったのに、お母さんになってから、突然亡くなりました。
 
 たった一発の爆弾で、人間が人間でなくなり、たとえその時を生き延びたとしても、突然に現れる原爆症で多くの被爆者が命を落としていきました。私自身には何もなかったのですが、被爆三世である幼い孫娘を亡くしました。わたしが被爆者でなかったら、こんなことにならなかったのではないかと、悲しみ、苦しみました。原爆がもたらした目に見えない放射線の恐ろしさは人間の力ではどうすることもできません。今強く思うことは、この恐ろしい非人道的な核兵器を世界中から一刻も早くなくすことです。
 
 そのためには、核兵器禁止条約の早期実現が必要です。被爆国である日本は、世界のリーダーとなって、先頭に立つ義務があります。しかし、現在の日本政府は、その役割を果たしているのでしょうか。今、進められている集団的自衛権の行使容認は、武力で国民の平和を作ると言っていませんか。武器輸出もやめてください。戦争は戦争を呼びます。歴史が証明しています。日本の未来を担う若者や子どもたちを脅かさないでください。被爆者の苦しみを忘れ、なかったことにしないでください。
 
 福島には、原発事故の放射能汚染でいまだに故郷に戻れず、仮設住宅暮らしや、よそへ避難を余儀なくされている方々がおられます。小児甲状腺がんの宣告を受けておびえ苦しんでいる親子もいます。このような状況の中で、原発再稼働等を行っていいのでしょうか。使用済み核燃料の処分方法もまだ未知数です。早急に廃炉を含め検討すべきです。
 
 被爆者はサバイバーとして、残された時間を命がけで、語り継ごうとしています。小学校一年生も保育園生も私たちの言葉をじっと聴いてくれます。この子どもたちを戦場に送ったり、戦禍に巻き込ませてはならないという、想いいっぱいで語っています。
 
 長崎市民の皆さん、いいえ、世界中の皆さん、再び愚かな行為を繰り返さないために、被爆者の心に寄り添い、被爆の実相を語り継いでください。日本の真の平和を求めて共に歩みましょう。私も被爆者の一人として、力の続くかぎり被爆体験を伝え遺していく決意を皆様にお伝えし、私の平和への誓いといたします。」


▲ このページの先頭にもどる

メールマガジンのびのび便り
写真・リーフダウンロード
国会秘書時代の実績紹介
もとむらさんを推薦します
もとむら伸子ムービーチャンネル-ユーチューブ

携帯用二次元バーコード